熊本肥育霜降り馬刺し【小】80-100gで発送

販売価格 
3,629円(税込)

購入数

日本国内で馬肉の生産量1位の熊本県産の馬刺し。

馬刺しといえば、”熊本”

”サシ”の入った馬刺しはおろし生姜やおろしにんにくが相性抜群!!

甘いお醤油につけて食べると”サシ”の入った馬刺しの美味しさが引き立ちます。

※1パック80-100gで発送させていただきます。

賞味期限 2022/11/30

馬肉の特徴

狂牛病や口蹄疫などは偶蹄類の病気で、奇蹄類の馬はそれらの病気にかかりません。 また、抗原度が非常に低く、アレルギーは起きにくい等、馬肉は最も安心・安全な食肉と言えます。

■馬は狂牛病(牛海綿状脳症・BSE)や口蹄疫にはなりません。それらの病気は、蹄が偶数の偶蹄類に属した動物の病気だからです。

■0−157や0−111などは、牛・羊・鹿などの反芻動物の腸内に生息し、反芻しない馬の腸内には生息していません。

■馬の内臓は、体の大きさに対して小さく抗生物質やホルモン剤等の薬品を与える事があまりできない為、馬肉は健全でクリーンなお肉と言えます。

■馬は食してもアレルギーを起こしにくい食肉です。牛・豚・鶏肉と違い、厚生労働省のアレルギー特定原材料食品に指定されていません。

■冷凍処理(中心温度で-20℃で48時間・-30℃で36時間・-40℃で18時間)を行えば馬肉に住み着くザルコシスティスフェアリーによる嘔吐腹痛を防げます。

健康お肉

赤身部分の豊富なタンパク質には、ペプチドという成分が含まれており、血圧降下や毒消し作用があります。

脂成分には、人の体内では作ることの出来ない善玉コレステロールの不飽和脂肪酸(リノレン酸・オレイン酸)が多く含まれており、これらの酸は必須脂肪酸と言われ、コレステロール値を下げたり血液循環を良くしたりします。